必見Q&A

トップページ > 必見Q&A

就業規則作成・変更の勘所

Q. 労働基準監督署が臨時検査に来るそうです。対応はどうすれば良いでしょうか。
A. 検査の主目的は健康障害防止又は不払い賃金の是正です。監督官をも統制する高い専門性を以って、不当な介入には防波堤となり企業を守り抜きます。
Q. 労働組合から団体交渉の申し入れがありました。対応はどうすれば良いでしょうか。
A. ケースにも拠りますが対決を選択することが多いです。安易な金銭解決は、後に大きな課税として企業に舞戻って来る危険があります。相手を見極め適切に団体交渉をリードします。
Q. 就業規則を作成する予定です。費用を教えて下さい。
A. 諸規程込みで20万円程度で承ります。相手がどんな強敵(組合・弁護士)であっても会社の憲法である就業規則が定まっていれば何も怖くありません。戦わずして勝つ就業規則を伝授致します。
Q. 顧問契約をしないと仕事を依頼することは出来ませんか。
A. はい、原則顧問契約で対応しております。但し、仕事内容に応じて2ヶ月、3ヶ月といった期間限定の顧問契約もお引き受けします。受託後も責任を継続する為、当事務所では「顧問制」を採用しています。
Q. 社会保険料が高くて毎月の支払いが大変です。何とかなりませんか。
A. 社会保険料を合法的に節税することは可能です。法人税等と同様に「節税」を意識することが大切だと思います。専門性を最大限に活かし、お客様の安心と安定に貢献します。

ページのトップへ

労務トラブル駆け込み寺

Copyright (c) 2016 社会保険労務士法人 佐賀事務所 All Rights Reserved.