人事評価・賃金制度で労使相愛を実現する!

社労士バッジ社会保険労務士法人 佐賀事務所

新着情報

「特定技能」で働く外国人労働者の運用要領公表(2019年3月25日)

法務省は、「特定技能」で働く外国人労働者の受入れに向け、 企業側の支援内容を具体的に盛り込んだ運用要領を公表した。 現金自動預け払い機(ATM)の使い方やごみの分別方法、喫煙のルールなど、 日本の生活について8時間以上のガイダンスを行うことを義務付けた。 また、外国人が住居を借りる際、企業が連帯保証人となるほか、 1人あたり7.5平方メートル以上の部屋を確保することが義務付けられている。


外国人材受け入れで日・フィリピンが覚書(2019年3月25日)

政府は、4月に創設する在留資格「特定技能」で来日するフィリピン人労働者の受け入れにあたって、悪質な仲介業者に関する情報共有などを進めるための覚書をフィリピン政府と交わした。外国人労働者の受け入れ拡大に合わせ、日本政府がこの種の覚書を他国と結ぶのは初めて。他にもベトナムや中国など8カ国とも近く覚書を交わす予定。


介護事業所の処分が過去最多に(2019年3月25日)

厚生労働省は、介護報酬の不正請求や法令違反などにより2017年度に処分を受けた介護事業所数は過去最多の257か所(前年度比13か所増)であったことを発表した。処分内容は、介護保険事業所の指定取消しを受けた事業所が169か所、一定期間の事業停止処分が88か所、介護報酬の返還請求額が約11億7,800万円。


サイトマップ

Home

業務内容

賃金評価制度導入支援

セミナー各種

労使トラブル

各種手続き代行

解決事例

事業継承

ブラック企業からの脱出

パワハラ社員対応

報酬規程

報酬規程

主な顧問先

事務所案内

事務所概要

社労士紹介

アクセスマップ

求人情報

お問い合わせ

電話問い合わせ

メール問い合わせ

個人情報保護