新着ニュース | 佐賀事務所

人事評価・賃金制度で労使相愛を実現する!

社労士バッジ社会保険労務士法人 佐賀事務所

新着情報

社会人の短期での学び直しに一部補助 (2018年5月15日)

文部科学省は、2019年度から専門学校と企業が連携して行う短期過程を認定する制度を導入する。 現在の認定は2年以上の正規過程に限られているが、1カ月程度の短期過程も認めることで、社会人の学び直しを促したい考え。 認定された課程を受けると、受講費用の一部で国の教育訓練給付金の支給を受けることができる。


立憲民主・国民民主が働き方改革関連法案の対案を提出 (2018年5月15日)

立憲民主党と国民民主党は8日、働き方改革関連法案の対案をそれぞれ参院に提出した。 「脱時間給制度」を導入しないのが政府案との主な違い。働き方改革関連法案は、衆院厚生労働委員会で審議中で、 政府は今国会での成立を目指している。


セクハラ防止策法整備への意向示される (2018年5月15日)

福田淳一前財務次官のセクハラ疑惑を受け、女性活躍を担当する野田聖子総務相は、 罰則を含む法整備など再発防止策をまとめ、今国会中に答えを出したい意向を発表した。


年金データ入力ミスで損害賠償請求 (2018年5月8日)

個人データの入力ミスが原因で年金の過少支給が相次いだ問題をめぐり、日本年金機構が、業務を委託した「SAY企画」(東京都豊島区)に対し、ミスの対応に要した約4,400万円の損害の賠償を求めていることがわかった。最終的な請求額は数億円に上る見込みで、支払いに応じなければ提訴する方針。


「働き方改革関連法案」 主要野党欠席の中、実質審議開始 (2018年5月8日)

衆院厚生労働委員会は、「働き方改革関連法案」の実質審議に入った。主要野党が審議拒否を継続する中、自民・公明、維新の3党が質疑を展開。政府・与党は今後、5月下旬の衆院通過、今国会会期末の6月20日までの成立を目指す。


2017年度求人1.54倍 過去2番目の高水準 (2018年5月8日)

厚生労働省は、2017年度の平均有効求人倍率について、1.54倍(前年度比0.15ポイント増)だったと発表した。高度経済成長末期の1973年度に次ぐ、過去2番目の高水準。同省は、「景気の緩やかな回復を背景に、雇用環境は着実に改善している」と分析している。