人事評価・賃金制度で労使相愛を実現する!

社労士バッジ社会保険労務士法人 佐賀事務所

新着情報

後期高齢者医療保険料の軽減特例を廃止(2018年12月17日)

政府は社会保障費の伸びを抑えるため、後期高齢者医療の保険料を 軽減する特例を来年10月の消費増税と同時に廃止することを決めた。 現在、低所得者の保険料は7割軽減されるが、収入に応じて8.5割から9割軽減される特例がある。 消費増税による増収分を使った低所得者の介護保険料軽減や低年金者への給付を実施することで、 特例廃止による負担増の相殺を見込むが、それでも負担が増える人には別途財政支援を検討する。


ベテラン介護職員 年収440万円か月8万円増 (2018年12月17日)

厚生労働省は社会保障審議会の分科会で、来年10月に実施する介護職員の処遇改善案を示した。 10年以上の経験を積んだ介護福祉士のうち少なくとも1人について、全産業の平均年収である440万円以上とするか、 月8万円増やすことを求めている。来年10月からの消費税引上げによる増収分1,000億円と介護保険料1,000億円の計2,000億円を使い、 他産業と遜色のない水準に引き上げる方針。


障害者雇用に積極的な中小企業の認証制度を検討 (2018年12月17日)

厚生労働省は、障害者雇用に積極的な中小企業に対して認証マークを付与する制度を創設する方針。 法定雇用率の達成、障碍者が働きやすい職場環境整備、処遇改善への取組みなどを総合的に評価する。 また、週20時間未満の障害者雇用についても助成金の支給対象とすることも検討。来年の通常国会で障害者雇用促進法を改正して導入を目指す。


新経済・財政再生計画の工程表年内決定へ(2018年12月10日)

政府の2019~21年度の経済・財政再生計画の新たな工程表の原案が明らかになった。 3年前のものに比べ、社会保障改革に関する項目が100近く列挙され大幅に増加。 まず1年で「生涯現役」に向けた雇用改革を断行し、3年間で社会保障制度改革を進める方針を示した。


教員の時間外労働上限「月45時間、年360時間」 (2018年12月10日)

中央教育審議会は、教員の働き方改革に向けた答申素案を示した。 民間の働き方改革法と同様に時間外労働の上限を月45時間、年360時間以内にするガイドラインを設けるとともに、 「自発的行為」とされていた授業準備や部活動指導を正式な勤務時間として位置づけたが、 残業代の代わりに基本給の4%を一律に支給する給与制度の改革については踏み込まなかった


勤務間インターバル検討会「休息8~12時間」 (2018年12月10日)

「勤務間インターバル」について、厚生労働省の有識者検討会は、休息時間を「8~12時間」と例示するなどした報告書を示した。 勤務間インターバルについては来年4月から企業に努力義務が課されるが、法律に具体的な数字は明記されていない。 今回の報告書でも、休息時間の設定方法や時間数について例示したうえで、労使で協議して導入することを勧めている。